2005年10月10日

TOEICとの出会い


まさか、自分がこんな日記を書く気になるとは思わなかった。

僕が最初にTOEICを受験したのは、新潟の田舎から東京の外資系製薬会社に転職した直後が最初だ。

それまでTOEICの存在すら知らなかった。

初めてTOEICを受験した時の感想は「量が多い!時間が足りない!」という一般的なものだ。

それから、僕は英語の勉強を開始した。


TOEICを攻略する、と書くとまるでRPGを攻略するみたいだが、早い話が英語を勉強する、ということだ。

英語を勉強する、と言っても、日本の場合、島国という特殊性もあり、相当、気合をいれないと英語なんて勉強する気になれない。

だって、必要としないのだから。

ところが、ある日、突然、英語が必要となることがある。

そこで、英語の「初めて」の勉強を大人になってやることになる。

成人してから英語を勉強するってことも、そーとー気合がいる。

そこで、1つの目標を定める。

TOEICだ。

TOEICで730点以上を目指そうと、頑張ることになるわけだ。
posted by ホーライ at 04:23| Comment(0) | TrackBack(1) | TOEIC攻略法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOEICとの出会い


まさか、自分がこんな日記を書く気になるとは思わなかった。

僕が最初にTOEICを受験したのは、新潟の田舎から東京の外資系製薬会社に転職した直後が最初だ。

それまでTOEICの存在すら知らなかった。

初めてTOEICを受験した時の感想は「量が多い!時間が足りない!」という一般的なものだ。

それから、僕は英語の勉強を開始した。


TOEICを攻略する、と書くとまるでRPGを攻略するみたいだが、早い話が英語を勉強する、ということだ。

英語を勉強する、と言っても、日本の場合、島国という特殊性もあり、相当、気合をいれないと英語なんて勉強する気になれない。

だって、必要としないのだから。

ところが、ある日、突然、英語が必要となることがある。

そこで、英語の「初めて」の勉強を大人になってやることになる。

成人してから英語を勉強するってことも、そーとー気合がいる。

そこで、1つの目標を定める。

TOEICだ。

TOEICで730点以上を目指そうと、頑張ることになるわけだ。

posted by ホーライ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC攻略法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。